Mets ボーク: Balk

  •  
  •  更新:
  •  カテゴリ:

野球規則(ルール・ブック)8.05 は、ボークについての規定です。
塁にランナーがいるとき、以下の13のケースが「ボーク」となります。

  • (a) プレートに触れているピッチャーが、投球に関連する動作を起こしながら投球を中止した場合 =例A1A2
  • (b) プレートに触れているピッチャーが1塁に送球するふりをして実際に送球しなかった場合
  • (c) プレートに触れているピッチャーが、塁に送球する前に直接足を(その塁の方向へ)踏み出さなかった場合

例C(次のビデオ): ドジャースのリリー投手が踏み出した右足の位置を見ましょう。1塁方向ではなく本塁寄りに踏み出していますから、ボークが宣告されました。

  • (d) プレートに触れているピッチャーが、ランナーのいない塁へ送球したり、送球するふりをした場合(プレーの目的があるときは除く)
  • (e) ピッチャーが反則投球をした場合(クイック・ピッチ)
  • (f) ピッチャーがバッターに正対しないうち投球した場合
  • (g) ピッチャーがプレートに触れないで投球関連動作をした場合
  • (h) ピッチャーが必要もなく試合を遅延させた場合
  • (i) ピッチャーがボールを持たないでプレートに立つか、これをまたいで立つか、あるいはプレートから離れて投球するまねをした場合
  • (j) ピッチャーが正規の投球姿勢をとった後、実際に投球するか塁に送球する場合を除いて、ボールから一方の手を離した場合 =例J
  • (k) プレートに触れているピッチャーが、故意であれ偶然であれ、ボールを落とした場合 =例K
  • (l) 敬遠のフォア・ボールがなされるときに、ピッチャーがキャッチャー・ボックスにいないキャッチャーに投球した場合
  • (m) ピッチャーがセット・ポジションから投げるに際して、完全に静止しないで投球した場合 =例M

少年野球でとくに多いのが、最後の(m)完全に静止しない投球。8.01(b)で「セット・ポジション」の定義があります。

身体の前面で両手でボールを保持し、動作を完全に静止したときに、セット・ポジションをとったとみなされる

完全に動作を静止したら、首以外は動かしてはならない

むずかしいのが、3番目の「(c)塁に送球する前に直接足を(その塁の方向へ)踏み出さなかった場合」。原文は

The pitcher, while touching his plate, fails to step directly toward a base before throwing to that base

「before」なので、何より先にまずその方向に向けて自由なほうの足をステップしなければいけないということになります。でなければ、「首以外は動かしてはならない」という原則と整合しなくなります。
たいへん微妙なので、プロでさえむずかしい。

例Cの2: 「45度以上開いてしまいました」
例Cの3: 肩が先に動いたケース

※MLB の審判 #55 Angel Hernandez 氏は、やたらボークをとりますね。

野球規則に目を通して、みんなで勉強しましょう。