Mets インフィールド・フライ

  •  
  •  更新:
  •  カテゴリ:

勉強しましょう。
ノー・アウトまたは1アウト、ランナーが1・2塁または満塁のとき、バッターが打ち上げたフェアの飛球で、内野手が普通に守備すれば捕球できるものが、「インフィールド・フライ」です(ライナー、バントは除く)。

次のビデオは、1アウト1、2塁の場面。審判員がいっせいにフライを指します。

審判員によって「インフィールド・フライ」が宣告されると、その時点でバッターはアウトになります(規則6.05(e)。たとえ野手が落球してもアウト)。ですから、上のビデオでは、メッツのバッター、レイエス選手がアウトになります。

  • 「インフィールド・フライ」が捕球されたら、ランナーはリタッチしなければなりません
  • 野手が「インフィールド・フライ」を落球したとき、ランナーにリタッチの義務はありません

ボール・デッドとはなりません。プレイは続きます。塁上のランナーは、フォースの状態から解除され、進塁の義務は、なくなります。ランナーは元の塁にとどまってかまいません。が、ビデオの2人のランナーは、それぞれ進塁しました。
守備側(斎藤投手のブレーブス)は、1塁に送球しても意味がありません(バッターのレイエス選手はすでにアウトですし、ランナーにもリタッチの義務はない)。
そこで混乱しているスキに、点を奪われました。

なお、宣告の権限はすべての審判員に与えられています。1人でも「インフィールド・フライ」を宣告すれば適用されます。
「インフィールド・フライ」を宣告された飛球は、それが結果的にピッチャー、キャッチャーや外野手によって捕球されても、取り消されることはありません。

参考までに原文:

【Rule 2.00】 An INFIELD FLY is a fair fly ball (not including a line drive nor an attempted bunt) which can be caught by an infielder with ordinary effort, when first and second, or first, second and third bases are occupied, before two are out. The pitcher, catcher and any outfielder who stations himself in the infield on the play shall be considered infielders for the purpose of this rule.