Mets アピール

  •  
  •  更新:
  •  カテゴリ:

以下のようなケースでは、選手から審判員にアピールできます。

(1)犠牲フライ、しかしタッチ・アップが早すぎた。

(2)1塁ベースを踏みそこなった。

※少年野球では、ベースを踏まずに通過することは珍しくありません。というか、よく見かけます。
目は、ボールのゆくえを追うだけでなく、仲間のカットやカバーの動きも確認しつつ、さらにランナーの触塁もチラッと見ること(特に捕手は本塁の触塁をかならず確認すること)も同時に求められますね。大忙しだ。

・・・審判は、未触塁を目視・確認しても、ただ黙ってなりゆきを見ていなければなりません。

守備側からアピールがなく次のプレイが行われたり、守備側の選手全員がファウルラインを越えたりした場合は、アピールする権利は失われてしまい、その走塁や打撃は正当化されてしまいます。

なお、アピールは、ボール・イン・プレイ中に行わなければなりません(2のビデオでは、「プレイ」がかかってからアピールをやり直しています)。