Mets ATM秋季大会親善試合(Tチーム)

緑区大会に向け、新たな守備位置などをテストしながらの4試合を行いました。
第1試合:立ち上がりから気持ちが足りなかったのか、攻守ともになんとも締まりのないゲームで惨敗。公式戦トーナメントなら一発で終わりです。
第2試合:18得点したものの、6番以降はノーヒット。。
第3試合:9つのエラーで守備が機能せず。
第4試合:ようやくエンジンがかかって、攻守にわたり締まったゲームができました。

今日は、攻守ともに課題が多く残った1日です。守備は各々基本の型を改めて意識することと、守備シフトも次のステージに行けるよう、基礎練習の積み重ねが必要です。
攻撃も6番以降の打率が4試合計で6分3厘と、これでは打線が繋がりません。チームが勝つには、下位打線から上位打線への繋がりが必須です。全体的に素振りの量が圧倒的に不足していますので、チームの為にも日々の素振りを徹底しましょう。