Mets 長津田地区リーグ(Tチーム):長クラ、JG、連合戦



緑区大会優勝、準優勝チームも含む強豪揃いの3チームとの試合でした。
泣いても笑っても、今日の試合をもって、このチームで戦う試合は最後でしたね。とにかく、声を出し合い、且つ楽しんで、この一年間練習してきたことをすべて出そう!と試合に臨みました。

1試合目は連合さんとの闘い。選手たちは緊張はあまりなかったとの事でしたが、のびのびとメッツ野球ができたと思います。大きなエラーも無く、相手を無失点で抑えられた事は、とても大きかったと思います。

2試合目は、区大会準優勝の長津田クラブさんとの戦いでした。
1試合目とは打って変わり、相手チームの堅い守り以上に、バッティングが湿ってしまいました。このような試合展開では、守備の小さなミスも負けに大きくつながってしまいます。エラーもランナーが出れば、ヒットを打たれたことと同じ。エラーで得点圏にランナーが進み、タイムリーを打たれて失点。1点差で、ちょっと惜しい結果となりました。

3試合目は、区大会優勝の強豪南長津田ジュニアジャイアンツさんとでした。
2試合目の後、コーチから「勝とうという気持ちが伝わってこない。これが最後の試合だという気持ちも伝わらない。」一生懸命本気で応援して、本気で声を出し、守備でも連携しようと確認しあって臨みました。
初回に1点を取られたものの、追いつき逆転。バッターの構えなどから守備位置を大きく変える練習が実を結び、強打者の大きな当たりも、ショートこうのすけが回り込み、抑えることができました。
セカンドせいごの横っ飛びアウトも大きかったですね。
サードしょうまも、ライン際の当たりを、おちついてさばき、ファーストでアウトを取りました。
ファーストじゅんたも、ワンバンドの難しい送球を、何度もうまくキャッチしました。
ピッチャーりょうたは、ホームへのナイススライディングで見事セーフをもぎ取りましたね。
レフトわたるはいくつか強い当たりを後ろにそらしてしまいましたが、ナイスストップもありましたね。
センターレオは、2ベース連続2本とバッティングで頑張りました。
キャッチャーかれんはサードに流し打ちでファーストに思いっきりかけましたね。
ライトひなたは、良い当たりでしたが、相手守備の真正面でした。しかし、ライトからファーストのカバーにはいっていました。
あつやもいい当たりでしが、ヒットまでもう一歩です。応援では積極的に声が出せました。
しゅうごもヒットまで後一歩。でもバットの芯にはあたっていますよ!

最後の試合での皆の集中と気合は立派でした。何事も最後まであきらめない。あきらめたら、その時点で勝はなくなってしまいます。今日勉強できたね。

3年生は投げ野球へと移っていきます。1.2年生は、引き続きTボールですが、今日の試合のことを忘れずに、毎日の練習を大事に頑張ってほしいと思います。練習でできなかったことは、当然試合でもできない。練習を重ねないと、試合で奇跡もおこりません。

最後に、相手チームがあっての自分たちの野球であり試合です。勝っても負けても、相手チームを尊敬し、思いやる気持ちを絶対に忘れないでください。

地区大会準優勝おめでとう!