Mets 長津田地区リーグ(Aチーム):長津田クラブ

長津田地区リーグ

2017/12/10 @ 長津田小学校
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R P-C
長津田クラブ 0 0 0 0 0 0 0 0
いぶき野メッツ 0 0 0 1 0 0 × 1 森田-立石

【二塁打】小林 【単打】立石、車谷

昨年も同様の内容を書きましたが、
今年も大きな節目となりましたので
監督が感じていることを素直に
書こうと思います。

このチームで活動が始まる時に、私は
みんなに「野球を通じて、勝つ喜びや
負けた悔しさなど、様々な経験を仲間
と分かち合うチームにしたい」と、
みんなに言いました。

その喜びや悔しさを本当に心の底から
感じてもらうためには、"勝つ"という
みんながひとつになれる同じ目標に、
どれだけ、みんなが真剣に自分を律し
て、一生懸命に取り組めるかを問い
続けてきました。

ただ自分を律すること(自分に対する
厳しさ)は一番難しく、人間なので、
楽を選んだり、逃げたいと思う気持ち
が勝ることもあります。

みんなで楽しむことも大切だと思いま
すが、自分に対する厳しさは、
楽しい環境ではなく、厳しい環境から
初めて生まれるもの。

これが私の信念であり、みんなには
いつも厳しいことを言ってきました。

自分に対する厳しさが生まれなければ
一生懸命に取り組むことができない。
自分に対する限界を試みない。
これでは勝っても負けても何も感じな
い。メッツの選手には、このようには
なって欲しくなかった。

対戦相手の長津田クラブさんは
⚫︎全日本学童・関東学童大会緑区予選
⚫︎長津田地区リーグ
⚫︎緑区春季大会
春先の三戦全て、全く歯が立たず、
歴然とした差を感じた試合でした。

また長津田クラブさんは緑区秋季大会
でも優勝され、誰もが認める本当に
強いチームだと思います。

春季大会を終え、練習でも厳しさを
与え、それでも結果がなかなか出ず
苦しい日々を過ごしました。

それでも、方針は変えず、厳しさを
続けてましたが、みんなは真っ直ぐ
について来てくれました。

そのような中、迎えた今日の試合。

1プレー1プレー、様々なシーンが
ありました。1点リードで、7回を
守りきった瞬間の感情・気持ち。
これが本当の野球の楽しさだと思い
ます。勝つことが全てではないです
が、勝たないと味わえないものが
あります。

最後になりますが、相手チームの
長津田クラブさんへの関係者、選手
の皆様には感謝申し上げます。

同じ地区で一緒に頑張ってきた仲間
同士が戦って、このようにいい試合が
できたこと。試合を通じた貴重な経験
ができたこと。
全ては相手があってのことです。
本当に素晴らしいチームだと思います
し、そのようなチームと巡りあえた
ことに改めて感謝したいと思います。

これから先、更にプレッシャーがかか
る場面が限りなくあります。
今日1日の経験がみんなの大きな糧
となることを監督は信じています。

6年生最後の試合となるウエスタン
リーグ決勝戦。

最後にみんなで最高の笑顔を!!