指導者紹介

2005年度 \(^o^)/\(^o^)/\(^o^)

6月 12日(日) 田奈杯3回戦 竹山ヤンキース戦
「2戦連続延長戦を勝ち抜いての田奈杯3回戦は竹山ヤンキース戦でした。
最近恒例となった「じゃんけんに負けて先攻」でプレーボール。初回先頭樫村のフルカウントからの四球を足がかりに、ノーヒットで1点を挙げる上々の滑り出し。その後も2回に4点、3回には大量7点を挙げて勝利となりました。
 今回の試合でメッツの選手たちに是非とも学んで欲しいことは、竹山ヤンキースの選手たちの元気です。試合の大勢が決まった3回でもベンチの選手を含めて大きな声が出ていました。過去の試合では一旦劣勢になると途端に元気がなくなっていたメッツの選手諸君!彼らの姿勢を是非見習いましょう。どんな場面でもファイトを出せば絶対に道は開けます。
 次の試合も「ミラクルメッツ」でがんばろうぜ!!! 。

(高瀬コーチ)

 
合計
いぶき野メッツ
1
4
7
         
12
竹山ヤンキース
0
0
0
         
0
長津田小学校
熊坂:安打×1本、高瀬:2塁打×1本、安打×1本、小川:安打×2本、 久保田:2塁打×1本、植田:安打×1本



6月 5日(日) 新人戦長津田地区決勝戦 スカイイーグルス戦
「完璧に負けた」試合でした。残念!5年生以下の選手にとっては、慣れない守備、決勝戦という緊張からか十分に力が出し切れなかったように思えた。しかし、得点は追いつくことが出来なかったが、「1点でも多く取ろう」という一生懸命な気持ちが伝わった試合でした。まだまだ始まったばかり。「次の戦い」に向けてみんな、がんばろー。

(飯柴コーチ)

 
合計
スカイイーグルス
7
0
6
3
       
16
いぶき野メッツ
3
2
0
4
       
9
長津田小学校
久保田:安打×1本、飯柴:安打×1本、熊坂:安打×2本、植田:安打×2本松浦:2塁打×1本、安打×1本


6月 5日(日) 練習試合 長津田クラブ戦
  終わってみれば得点が9、安打数も9、盗塁が9、奪われた三振も9とやや大味な展開となった試合。まだまだ練習の成果が50%ぐらいしか出せていないと思う。失敗を恐れずに積極的なプレーを期待します。

(熊坂監督)

 
合計
いぶき野メッツ
1
0
0
1
2
1
4
 
9
長津田クラブ
0
1
0
0
0
3
2
 
6
長津田小学校
矢内:安打×1本、後藤:安打×2本、前沢:2塁打×1本、斉藤:2塁打×1本、安打×1本、高瀬:安打×1本、小川:3塁打×1本、2塁打×1本


6月5日(日) 緑区Tボール大会3位決定戦 白山フレンドジュニア戦
リーグ戦では勝利している白山フレンドが3位決定戦の相手となり、準決勝とは違い少しはいい試合ができるのでは?と思って臨んだ試合でした。1回の表に何とか1点をもぎ取り幸先のよいスタートでしたが、その裏にまたしても守備が乱れあっという間に逆転を許してしまいました。その後は、準決勝と同じように下位打線は三者凡退、上位打線は不発と、全くいいところがなく、4回にはダメ押しの3点を奪われ勝負は決してしまいました。最後の最後でメッツらしさを出せず2連敗してしまったけれど、決勝トーナメントまで来れたことは本当にすごいことだと思います。みんなが一丸となって戦ってきた今回の経験を大事にし、また負けた悔しさも忘れずにこれからがんばって練習して、秋の大会はメダルを絶対に手にしましょう。本当にお疲れさまでした。最後に大会期間中、審判やグラウンド作成のご協力をいただきました監督、コーチの皆様ありがとうございました。また、毎週熱心に応援していただいたお父さん、お母さんや兄弟の皆さんも大会を盛り上げていただきありがとうございました。

(鎌田コーチ)

 
合計
いぶき野メッツ
1
0
0
0
0
0
0
 
1
白山フレンドジュニア
5
0
0
3
0
0
×
 
8
十日市場グラウンド


6月5日(日) 緑区Tボール大会準決勝 東本郷レインボーズ戦
リーグ戦(Bグループ)5戦全勝の1位通過という快挙で準決勝に進出し、連勝街道を進みたいところでしたが、さすがに相手は強豪の東本郷レインボーズ、全くメッツらしさを発揮させてもらえず、完封負けを喫してしまいました!初回に上位打線で得点を奪い、楽な気持ちで守備をしてリズムを作っていくという勝ちパターンは1番鎌田、2番隠岐の凡打で早くも崩れ去り、1回裏の守備は全くいいところなしでリードを簡単に許してしまいました。その後も相手打線が上位に回ると失点を重ね、逆にメッツの攻撃は下位打線で三者凡退を繰り返し、終わってみれば2人しかランナーにでることができない惨敗でした。さすがに決勝トーナメントに進出してくるチームは強いな〜とあらためて実感した試合でした。

(鎌田コーチ)

 
合計
いぶき野メッツ
0
0
0
0
0
0
0
 
0
東本郷レインボーズ
4
0
5
0
3
0
×
 
12
十日市場グラウンド


6月 4日(土) 田奈杯2回戦 寺山スネークス戦
 初回、緊張感からかいつもの元気がないメッツ。失策から簡単に先取点と許してしまう。相手はあの寺スネ、不安がよぎる。2回は相手のミスから同点に追いつくものの4回にも失策と四球がからんでの3失点。6回表終了し残り時間あと6分。メッツ絶体絶命。6回裏の寺スネの攻撃は3振で1死をとるが次打者は四球。メッツ絶体絶命2。ここからミラクルメッツの本領発揮。次打者を1−6−3のダブルプレーで残り時間2分で7回の攻撃に突入。先ほどのダブルプレーで完全に流れはメッツとなりワイルドピッチで1点差。尚も、斉藤の2塁打、高瀬の1塁へのヘッドスライディング→内野安打で同点。裏の攻撃を簡単に3者凡退でしのぎ、1回戦同様、特別ルール適用となり、2死から7点をもぎ取り3回戦進出決定。春先の勢いが完全に復活しました。最後は「勝ちたい」という気持ちが大事。次の試合もこの勢いで勝利をもぎ取ろう

(熊坂監督)

 
合計
いぶき野メッツ
0
1
0
0
1
0
2
7
11
寺山スネークス
1
0
0
3
0
0
0
0
4
十日市場グランド
樫村:2塁打×1本、熊坂:安打×1本、前沢:安打×2本、斉藤:2塁打×1本、安打×2本、高瀬:安打×1本、小川:安打×1本、久保田:2塁打×1本、植田:安打×1本



5月 29日(日) 糸でんわ杯新人戦長津田地区大会 長津田クラブ戦
5年生から3年生で臨む新人戦の公式戦初戦はメッツの完勝だった。1回の攻撃は打者14人を送り込み10点を先取。試合を決定づけた。投げては飯柴−久保田のリレーで長クラ打線を1安打無四死球、完封に抑えた。次の試合もこの勢いでがんばろう。

(久保田コーチ)

 
合計
長津田クラブ
0
0
0
         
0
いぶき野メッツ
10
2
×
         
12
長津田小学校
久保田:3塁打×1本、飯柴:安打×1本、植田:2塁打×1本、酒井:安打×1本、松浦:安打×1本、程塚:安打×1本


5月 22日(日) 春季田奈杯1回戦 グリーンビクトリーズ戦
今日は全員がよく打ち、よく守った。ベンチも声で盛り上げた。春先の勢いが復活したような試合展開で連敗を止め、非常に勝ち/価値のある勝利である。この調子で2回戦も突破しよう。

(熊坂監督)

 
合計
いぶき野メッツ
1
0
0
0
1
2
1
 
5
グリーンビクトリーズ
0
0
0
0
2
2
0
 
4
長津田小学校
樫村:安打×1本、熊坂:安打×1本、二塁打×1本、斉藤:安打×1本、前沢:安打×2本、高瀬:安打×1本、小川:安打×1本、江下:安打×1本、久保田:2塁打×1本、安打×1本


5月22日(日) 練習試合Tボール 鴨居ファイターズ戦
練習試合ということで、公式戦ではなかなか守備につくことのない1,2年生に外野の経験をしてもらいました。初めてのことで、守備位置やボールが飛んできた時の対処の仕方に戸惑いがありました。ただ、覚えて欲しいことはカバーが大事だということです。ボールを捕ったり、投げたりしている選手だけが動いているのではなく、守っている選手全員が動いてカバーをしてください。
3年生のバッティングがいまいちで、打線がつながらず試合は惨敗でした。

(鎌田コーチ)

 
合計
いぶき野メッツ
0
1
0
0
0
0
0
 
1
鴨居ファイターズ
4
0
5
0
1
0
×
 
10
雪印グラウンド


5月21日(土) 緑区Tボール大会 竹山レッドソックス戦
リーグ戦4連勝!
打線がつながり快勝しました。1年生から3年生まで全員が何とかして塁に出て、次につなぐという意識がしっかり伝わりました。また、塁に出たときも先の塁を狙う走塁が相手のミスを誘い、終始メッツペースで試合を運ぶことができました。ただ、守備面で2アウトランナー2、3塁の時のミスで失点したのが唯一の反省点です。

(鎌田コーチ)

 
合計
竹山レッドソックス
2
0
0
0
2
0
1
 
5
いぶき野メッツ
3
2
4
6
3
5
0
 
23
白山高校


5月 14日(土) 練習試合 DMファイタース
練習試合は何のためにするのだろう。その答えをDMファイターズさんに教えてもらったような試合だった。公式戦でやることはそのまま練習試合でもする。こうして実戦に強いチームができてゆく。終わってみればスクイズバント2回きっちり決めたことを含めて、3回までに4点をとったDMファイターズAチームにやられた。対するメッツは6回にフォアボール、三遊間ヒット、右中間ヒットをつなげて1点を返したものの、続く主将、副主将が当てただけのピッチャーゴロ、三振に倒れ万事休す。この回に一矢を報いるのが精一杯だった。丁寧さ、勝つことへの執念、チームワーク等において、今日のメッツAチームは相手チームに及ばなかった。試合後、思うようなプレーができなかったメッツの選手が涙ぐんでいた。これまで実力はつけて来ているものの、公式戦ではなかなか出場の機会が与えられないある6年生だった。反省会でも他の何人かの戦士が、監督、コーチ方からチクチク刺されていた。メッツはこうして日々強くなる。

(酒井コーチ)

 
合計
いぶき野メッツ
0
0
0
0
0
1
0
 
1
DMファイタース
0
1
3
0
0
0
×
 
4
森の台グランド
樫村:2塁打×1本、矢内:安打×1本、斉藤:安打×1本、前沢:安打×2本、鈴木:安打×2本


5月 14日(土) 練習試合 DMファイタース B
相手ピッチャーのワイルドピッチを見て、ホームに突入した4年生の俊足程塚。しかし、相手キャッチャーに完璧にブロックされ、ホーム直前でタッチアウト。勢いでヘルメット後頭部を地面に強打し、本人不覚にも涙腺がちょっと緩む。
「おしーい、おしーい」=応援。「痛てててて」=程塚。
メッツの5年生は5名。4年生は5名。これが集結するとなかなかのBチームである。今回の練習試合は結果的に、小刻みに点を重ねたメッツが11対3でDMファイターズBチームを振り切った。メッツの小さな選手達、打っては凡フライより強いゴロが多かった。塁に出るとリードや盗塁もできるようになってきた。守備のエラーも少なかった。ファインプレーも出た。まだまだ発展途上のチームだけれど、練習試合を重ねるにつれてたくましくなりつつある。楽しみでしかたない。

(酒井コーチ)

 
合計
DMファイタース B
0
2
0
0
0
     
1
いぶき野メッツB
3
5
0
3
×
     
11
森の台グランド
植田:安打×1本、飯柴:安打×2本、熊坂:二塁打×1本、安打×1本、 久保田:3塁打×1本、村上:2塁打×1本、酒井:安打×1本


5月8日(日) 緑区Tボール大会 連合3(武蔵ファイターズ、宮根)戦
リーグ戦3連勝!3年生で固めた内野陣の守備は安定していて、堅い守りで失点を最小限に抑えた。攻撃でも4回、3番に入った1年生久保田の出塁を皮切りにメッツの誇る隠岐、江下、小川の強力クリーンナップなどの連打で6点を加点した。しかし、当たり自体は本来の調子でなく、特に3年生の外野へ飛ぶ当たり少ないのが気になります。あと2戦、全勝を目指し、より一層の奮起を期待します。

(鎌田コーチ)

 
合計
いぶき野メッツ
1
2
0
6
0
1
2
 
12
連合3
0
0
1
0
0
0
0
 
1
森の台小学校


5月 8日(日) 第60回緑区春季大会4回戦 山下ジャイアンツ戦
今日の戦いは全体を通して非常に良いゲームだった。勝負の分かれ目はメッツ5回のチャンスに得点出来なかったこと。6回に相手のミスとラッキーなヒットで1点を先取したが、その裏に今度はメッツのミスと四球からランナーをためてしまい、ヒットを打たれ逆転。守備、走塁等多少のミスは日々の練習と試合慣れで何とかなると思うが、もっと「気持ちの持ちかた」を鍛える必要があるかも。個人の「力の差」は無かったように思えた試合だっただけに非常に残念な結果でした。
次の試合はがんばろー!!

(遠藤コーチ)

 
合計
いぶき野メッツ
0
0
0
0
0
1
   
1
山下ジャイアンツ
0
0
0
0
0
4
   
4
長津田小学校
樫村:安打×1本、前沢:安打×1本、高瀬:安打×1本、植田:安打×1本、熊坂:安打×1本、吉永:安打×1本


5月 4日(水) 関東学童横浜市大会1回戦 ヨコハマナイン戦
本日は快晴。メッツブルーの青空の下、何か特別なことが起こりそうな雰囲気でプレーボールとなりました。メッツは先攻。初回は2アウトから連続四球を選び1・2塁となるも、後続が打ち取られ無得点。対するヨコハマナインも、裏の攻撃で1アウト後右中間に3塁打が出ましたが、メッツは次打者のスクイズを投手斉藤の好フィールディングでホームタッチアウトとし、初回を無得点に抑えました(前日の特訓が生きた!やはり練習はうそをつきません)。試合が大きく動いたのは2回の裏。よそ行きのプレーが続くメッツに対し、ヨコハマナインはランナーを貯めては長打、の連続で一挙9点を挙げゲームを決めました。その後メッツも1点を返したものの、まさかの5回コールド負けという残念な結果となりました。メッツは新チーム結成後の初戦(ビーバーズ戦:0-10で敗戦)以来の大敗となりましたが、大敗の後に這い上がって実力を積み上げてきたきたチームです。この悔しさをバネに、更に強いチームとなって欲しいと思います。

(高瀬コーチ)

 
合計
いぶき野メッツ
0
0
0
1
0
     
1
ヨコハマナイン
0
9
0
0
×
     
9
保土ヶ谷少年野球場
江下:安打×1本


5月1日(日) 練習試合 市ケ尾シャークス戦
先取点を許すも3回に追いつきいつもの粘りを見せるが最後はエラー絡みの失点を許し惜敗。今日の打撃は思い切りが悪かったので、次の試合では大きな声と思い切りバットを振り抜く姿を見せてほしい。

(熊坂監督)

 
合計
いぶき野メッツ
0
0
2
0
0
0
0
 
2
市ケ尾シャークス
1
1
2
0
0
2
×
 
6
泉田向公園
植田:安打×1本、斉藤:安打×1本、前沢:安打×1本、高瀬:安打×2本、熊坂:安打×1本


5月1日(日) 練習試合 市ケ尾シャークスB戦
とにかく元気が無い試合。グランドに出たら元気一杯の姿を期待します。5月には5年生以下での公式戦があります。その試合を目指してガンバレ!

(熊坂監督)

 
合計
いぶき野メッツB
0
0
1
1
1
     
3
市ケ尾シャークスB
1
0
0
2
×
     
3
泉田向公園



4月29日(金) 緑区春季大会3回戦 スカイイーグルス戦

 1・2回の攻撃は見事に集中し8点をもぎ取りメッツのペース。投げては斉藤が何とか5回と投げきり8奪三振、6四死球の力投での勝利。打撃は確実に良くなっているのでこの調子で最終戦もがんばろう。

(熊坂監督)

 
合計
いぶき野メッツ
3
5
0
0
1
     
9
スカイイーグルス
0
0
0
0
0
     
0
長坂谷グランド
樫村:安打×1本、植田:安打×1本、斉藤:安打×3本、前沢:安打×2本、高瀬:3塁打×1本、熊坂:安打×1本、


4月24日(日) 緑区春季大会2回戦 新治ジュニアクラブ戦
 今日の試合は積極的な攻撃ができて8点取れたと思います。守りではミスは出たものの後続を打取り見事0点に抑えました。この調子で残り2試合も勝利を勝ち取ろう。

(熊坂監督)

 
合計
いぶき野メッツ
1
2
0
3
2
     
8
新治ジュニアクラブ
0
0
0
0
0
     
0
2005年 4月 24日 森の台グランド
樫村:2塁打×1本、安打×1本 熊坂:安打×1本 斉藤:2塁打×1、安打×1本 前沢:2塁打×1本 高瀬:安打×1本 江下:安打×2本 矢内:安打×1本


4月24日(日) 練習試合(Tボール) DMファイターズ戦(2戦目)
1戦目の反省から少し守備位置を代えたところ、はじめは戸惑いがあったが徐々になれて締まった試合展開となった。特にセンター小川、ショート鎌田は無難に代わった守備位置をこなした。同点で迎えた7回表相手の守備の乱れに乗じて、主に1,2年生で5点をもぎ取り、何とか勝利をものにした。
上級生たちも熱心に応援していただきありがとうございました。

(鎌田コーチ)

 
合計
いぶき野メッツ
3
1
1
0
0
0
5
 
10
DMファイターズ
1
3
0
1
0
0
0
 
5
森の台小学校


4月24日(日) 練習試合(Tボール) DMファイターズ戦(1戦目)
先週の日曜日の2連勝の後、自信を持って望んだ練習試合でしたが、なぜか全員浮き足立ってしまい、立ち上がりからリズムに乗れない試合でした。初回、先頭打者が出塁するも、後のバッターが塁を進められず、0点に終わり、その後も点を取れない展開になった。逆に守備は初回から、エラーや暴投の連続で、全くいいところがなかった。
先週の気の緩み?があったのか、朝からAチームの応援で集中力がなくなったのか、低学年の気持ちを維持するのは難しいと感じた1戦でした。

(鎌田コーチ)

 
合計
いぶき野メッツ
0
0
0
0
0
3
0
 
3
DMファイターズ
4
2
2
1
2
2
3
 
16
森の台小学校


4月17日(日) 緑区春季大会1回戦 南長津田ジュニアジャイアンツ戦
 今日の試合の5失点の内、3失点がエラーがらみの失点である。やはりエラーは得点につながりやすいので、普段の練習の時から緊張感のあるプレーを心がけよう。
 攻撃面では、早打ちが目立ち相手投手を助けた形になっている。積極的な証拠であるが、粘る打席も必要である。この悔しさを次の試合で爆発させよう。

(熊坂監督)

 
合計
南長津田Jr.ジャイアンツ
3
0
0
1
0
1
0
 
5
いぶき野メッツ
1
1
1
0
0
1
0
 
4
2005年 4月 17日 長津田小学校
前沢:3塁打×1、2塁打×1 斉藤:安打×1 熊坂:安打×1 江下:安打×1 植田:安打×1 後藤:安打×1 久保田:安打×1


4月10日(日) Tボール 鴨居ファイターズ戦
前半はリードしてまたもメッツペースでしたが、徐々に追いつかれ最終回は2アウトから失点を重ねてしまい、ヒヤヒヤしながらの勝利でした。1年生は次につなぐという意識を持ってゴロを打って一生懸命走りました。サード村上やセカンド山田、ファースト小川の堅い守備も光りました。

(鎌田コーチ)

 
合計
いぶき野メッツ
2
5
1
0
0
1
2
 
11
鴨居ファイターズ
2
0
0
1
2
0
3
 
8
2005年 4月 17日


4月10日(日) Tボール 白山フレンドジュニア戦
メッツ一丸となったナイスゲームでした。堅い守備で白山の強力打線を2点で押さえました。特にショート隠岐、センター鎌田の体を張ったすばらしい守備と江下の毎打席の長打で常に試合の主導権を握っていました。1年生もよく声を出しがんばりました。

(鎌田コーチ)

 
合計
いぶき野メッツ
2
0
1
0
0
3
1
 
7
白山フレンドジュニア
0
0
2
0
0
0
0
 
2
2005年 4月 17日


4月10日(日) 練習試合/Aチーム 白山フレンドジュニア戦
強風とコーチ陣が少ない状況での練習試合であったが、初回の8失点が大きすぎて、6回サヨナラ負けを喫した。
 試合中の集中力と、打球への鋭い第一歩を期待します。

(熊坂監督)

 
合計
いぶき野メッツ
3
1
1
0
4
2
   
11
白山フレンドジュニア
8
1
2
0
0
1
   
12
2005年 4月 10日 白山高校
高瀬:2塁打×1 熊坂:安打×2 前沢:安打×1、斉藤:3塁打×1 安打×2 江下:安打×1、鈴木:安打×1 飯柴:安打×1


4月9日(土) 練習試合/Aチーム 新治ジュニアクラブ戦
2回に相手のミスから2点先取。3回はヒットが2本でるが0点におさえられいやなムード。その裏、先頭打者にヒットを許し、エラーと四球で逆転を許す。
その後もエラーから、斉藤、矢内のタイムリーで追加点をあげることができた。最近の失点はエラーが必ず絡んでいるので、焦らずに1プレーを練習通りしっかりやろう。

(熊坂監督)

 
合計
いぶき野メッツ
0
2
0
0
4
0
5
 
11
新治ジュニアクラブ
0
0
3
0
0
0
2
 
5
2005年 4月 9日 十日市場G
三塁打…江下x1本、二塁打…斉藤x1本、一塁打…斉藤×2、前沢×1、高瀬×1、荏原×1、植田×1、久保田×1


4月9日(土) 練習試合/5年生以下 新治ジュニアクラブ戦
4年生はまず、試合に慣れることとサインを見るタイミングを覚えよう。

(熊坂監督)

 
合計
いぶき野メッツ
1
0
0
3
1
   
5
新治ジュニアクラブ
0
0
0
0
×
     
0
2005年 4月 9日 十日市場G
植田:2塁打×1、安打×1 熊坂:2塁打×1 久保田:安打×1 村上:安打×1、程塚:安打×2 


4月10日(日)に行われた第60回春季記念大会
 4月10日(日)緑区少年野球連盟30周年第60回春季記念大会開会式が行われ
ました。
 横浜市消防音楽隊の演奏、ポートエンジェルスの先導で入場行進、いつもの開会式
とは少し 違う雰囲気で始まりました。
 開会式の後に、ベースランニングリレー、飛距離、遠投、綱引きなどのイベントが行われました。メッツ全員一生懸命頑張りましたが、賞を取ることはできませんでした。でも、みんなとても楽しく参加していました。
 4月17日からの試合、優勝目指してがんはろう!

(江下母)



4月2日(土) 全日本学童緑区代表決定戦準決勝 東本郷レインボーズ戦
初回先頭打者の主将高瀬の四球を足掛りに3安打を集中し、3点を取りメッツペースで試合を進められたが、東本郷 左腕投手の近藤君の打線が抑えられ追加点がとれずがまんの試合展開になりました。
終盤6回裏 相手打線につかまり集中打を浴び同点とされてしまった。しかし、今日のメッツは最後まであきらめず、7回表に安打で出塁した久保田を2塁に置いて斉藤の気迫の2塁打で一点勝ち越し。これで、いけると思った瞬間、7回裏に連続長打を浴び残念ながら逆転サヨナラ負けを喫してしまいました。
反省点は、たくさん有りますが、明日からの練習にひとつでもクリアできるようにがんばれ!
今日の負けた悔しさを今のメッツは、きっとバネとして次の試合に生かしてくれると信じています。
がんばれ、GO GO メッツ!!

(島田コーチ)

 
合計
いぶき野メッツ
3
2
0
0
0
0
1
 
6
東本郷レインボーズ
2
0
0
0
0
3
2
 
7
2005年4月2日 白山ハイテクパーク
三塁打…江下x1本、二塁打…斉藤x1本、一塁打…斉藤×2、前沢×1、高瀬×1、荏原×1、植田×1、久保田×1


3月27日(日) 長津田地区大会3回戦 スカイイーグルス戦
 1回表にヒットとエラーで3失点と厳しいスタートであったが、2回以降はランナーは出すものの粘り強く斉藤が投げ、バックも集中し良く無失点で抑えた。
2回の2点、5回の3点ともヒットで得点できたのは大変意味があると思う。
 地区大会3試合とも厳しい試合であったが、選手一人一人が本当によく頑張ったと思う。
新チームもまだ、始ったばかりなので、もっともっと強いメッツを目指そう。

(熊坂監督)

 
合計
スカイイーグルス
3
0
0
0
0
0
0
 
3
いぶき野メッツ
0
2
0
0
3
0
0
 
5
2005年3月27日 長津田小学校
前沢:安打×1 高瀬:安打×2 鈴木:安打×1 飯柴:安打×1 熊坂:安打×1


3月26日(土) 練習試合 スカイイーグルス戦
 両チームとも点の取り合いとなった試合だが勝敗の分れ目はミスの差と打撃の積極性だったと思う。
メッツも外野手のミスや走塁ミスがあったが、なぜミスったのか考え、次へつなげよう。

(熊坂監督)

 
合計
スカイイーグルス
2
0
3
0
1
1
1
 
8
いぶき野メッツ
0
0
1
2
2
1
3
 
9
2005年3月26日 田奈高校
高瀬:2塁打×1 飯柴:安打×1 前沢:安打×2 斉藤:安打×3 江下:安打×1 荏原:安打×1 鈴木:2塁打×1 安打×1


3月21日(日) 長津田地区大会2回戦 南長津田Jrジャイアンツ戦
メッツは4回にスクイズで先取点。同点で迎えた8回にはクリナップの3連続2塁打で待望の2点を追加し合計3点。
対するジュニジャンは高目を積極的に振りぬき9安打するものの、メッツの鉄壁の守りの前に1点どまり。
今日のポイントは何と言っても守備だろう。練習以上のものが出せたので、再三のピンチを凌ぐことができた。まさに「練習はウソをつかない」の言葉どおりでした。
この調子で3回戦もガンバろう。

(熊坂監督)

 
合計
いぶき野メッツ
0
0
0
1
0
0
0
2
3
南長津田Jr.ジャイアンツ
0
0
0
0
0
1
0
0
1
2005年3月21日 長津田小学校
熊坂:安打×2 前沢:2塁打×1 斉藤:2塁打×1 高瀬:安打×1 2塁打×1
飯柴:安打×1 久保田:安打×1


3月20日(日) 長津田地区大会1回戦 長津田クラブ戦
いよいよ始った地区予選、緊張の中でのプレーボール。
3回に相手のミスから待望の先取点。4回には植田のタイムリー
で2点追加。5回はヒットと相手のミスにより5点のビックイニング。
守っては斉藤雅が5回を2四球で力投し、バックもミスは出たものの
みんなが良く守り、勝利をものにすることができた。
この調子で地区大会を勝ち抜こう。

(熊坂監督)

 
合計
いぶき野メッツ
0
0
1
2
5
     
8
長津田クラブ
0
0
0
0
0
     
0


2月27日(日) 練習試合 ビ−バーズ戦
新チームになっての初戦であり気合十分で望んだ試合であったが。。。。。
内容は5失策とメッツの負けパターンでの大敗。
練習でできないこと、やろうとしていないことはやはり試合でもできない事が
わかったはず。次からの練習、そして試合に活かそう

(熊坂監督)

 
合計
いぶき野メッツ
0
0
0
0
1
     
0
ビーバーズ
3
0
0
1
     
10

前へ

     

Copyright(C) 2006.4 Ibukino Mets
All Rights Reserved