【 2006年度・Aチーム:試合結果(1) 】


2007年年2月11日(日) 練習試合
                  [大池小]
合計
 [二塁打] 熊坂・岸上
ひかりが丘少年野球部
0 0 0 0 0 0 1 1
いぶき野メッツ
0 0 0 0 0 0 0 0
 打線がつながらず、完封負け。好球を簡単に見送り、難しい球に手を出したり、簡単にフライを打上げる打者が目立ちました。練習からの一振りを大切にしよう。この試合で6年生の試合は、全て終了です。1年間ありがとう。


2007年1月21日(日) 長津田地区リーグ】
            [長津田小]
合計
 [安 打] 飯柴×2・岸上×2
スカイイーグルス
1 0 2 0 0 0 2 5
いぶき野メッツ
1 0 0 0 1 0 0 2
 2勝同士の対決で優勝をかけた試合。そして両チームの6年生にとっては、公式戦最後の試合であり、非常に気持ちの入った好試合でした。結果は、スカイイーグルスの3番名倉君に2ランホームランを2本打たれ、惜敗。チームあげての応援もむなしく地区リーグは、2位で終わりました。今年度も、「優勝」を目指して頑張ってきましたが、残念ながら「優勝」を勝ち取ることはできず、後輩達への置き土産となりました。5年生以下は、来年こそ念願の「優勝」を勝ち取るための努力をし、6年生4人は、中学校でも「チャレンジ」して欲しい。 今年度、多大なるご支援、ご協力を賜りました皆様に感謝申し上げるとともに、これからも「いぶき野メッツ」をどうぞよろしくお願いします。!! 


2007年1月14日(日) 長津田地区リーグ            [長津田小]
合計
 [安 打] 飯柴・熊坂×2・島田・鎌田
 [二塁打] 久保田×2・岸上
 [本塁打] 久保田
長津田クラブ
0 0 2 0 0 2
いぶき野メッツ
2 0 3 4 × 9
 この試合は、各自が「目当て」をもって守備も攻撃もしていたので、良い結果となったと思います。常にこの気持ちを忘れずに。次の試合も全力プレー


2007年1月14日(日) ジャイアンツカップ 1回戦       [田奈高校]
合計
 [安打] 植田・熊坂・岸上
いぶき野メッツ
0 0 0 0 0 1 0 1
青葉ドリームス
0 0 0 0 0 1 2
 両投手が好投し、投手戦となったが、1プレー、1球にメッツが泣いた試合でした。これで6年生は、長津田地区リーグの最終戦を残すのみとなりました。地区リーグの最終戦は、勝って笑顔を見せて欲しい。


2007年1月8日(祝) 長津田地区リーグ            [長津田小]
合計
 [安打] 熊坂×2・久保田・島田×2・程塚・鎌田
いぶき野メッツ
0 0 0 0 0 0 8 8
南長津田JG
2 0 0 0 0 0 0 2
 初回の守りは、四球から安打で2点の先制点を許す(いつものパターン)。2回以降の攻撃では、再三のチャンスを作るものの、点が奪えず(こちらもいつものパターン)。最終回の攻撃は、4番の意地のヒットを足がかりに四球、相手のミスに助けられ、8点で試合を決めた。次の試合では、打席での自信と、積極性を期待する。


12月24日(日) 練習試合            [田奈高校]
合計
 [安 打] 飯柴・植田×2・熊坂・久保田
 [本塁打] 岸上
いぶき野メッツ
2 0 1 1 0 4
グリーンビクトリーズ
0 0 0 0 0 0
 攻撃が、ちぐはぐな試合でした。チャンスの時に、どんな走塁、打撃をすればよいのかと、もう一度「声の連係」を見直そう。Bチームの試合の方が、声がでています。


12月17日(日) 馬場杯2回戦            [緑リトルG]
合計
 [安 打] 熊坂
ヨコハマナイン
2 0 2 0 0 0 4
いぶき野メッツ
0 0 0 0 0 0 0
 全体的に「攻める気持ち」が欲しい試合でした。「攻めの守備」「攻撃時の攻める気持ち」これらを、試合で発揮しよう。これで、6年生は、残り2大会。最後まで諦めず、「明るく、楽しく、元気良い」プレーを期待します。


12月10日(日) 馬場杯1回戦            [緑シニアG]
合計
 [安 打] 飯柴・熊坂・島田・鎌田
 [二塁打] 熊坂×2・岸上
東急白根少年野球
0 0 1 0 0 0 1
いぶき野メッツ
0 0 2 1 4 1× 8
 3回四球とエラーで先制点を許すも、その裏欠かさず、バントとタイムリーで逆転。その後もスクイズ、タイムリーで追加点を取り久々の一回戦突破。焦るくことなく「工夫」と「全力を出し切る気持ち」で2回戦も勝ち抜こう。


12月3日(日) 練習試合               [長津田小]
合計
 [安 打] 植田・熊坂・岸上
 [二塁打] 久保田
剣山ファイターズ
3 0 0 1 4
いぶき野メッツ
0 2 1 1 4
 試合開始が、15時過ぎとなり、1時間だけの練習試合となった。初回、バッテリーの息が合わず、エラーも絡んで3失点を喫するも、2回以降毎回得点で何とか同点として時間切れ。今日の2回以降のように落ち着いたプレーを期待します。


12月2日(土) 練習試合               [白山高校]
合計
 [安 打] 飯柴・熊坂・岸上・島田×3・鎌田×3・川北
 [二塁打] 熊坂
 [本塁打] 熊坂
武蔵ファイターズ
0 0 0 0 1 0 1
いぶき野メッツ
0 1 10 0 1 1 13
 3回は、10点のビックイニングとし勝負あり。今日位、楽しんで行こう


11月18日(土) 田奈杯秋季2回戦
      [かやの木公園]
合計
 [安 打] 熊坂・島田・鎌田
 [三塁打] 久保田
ビーバーズ
0 1 0 0 0 4 0 5
いぶき野メッツ
0 0 0 0 0 0 0 0
 ベンチ、打線に元気なく零封負け。毎度の事だが、勝ちたいという「気持ち」と「元気」そして「工夫」が欲しい。次の大会こそは、「優勝目指してがんばるぞ!」


11月5日(日) 練習試合
       [保土ヶ谷少年野球場]
合計
 [安 打] 飯柴×2・岸上・熊坂×2・久保田・植田×2
       野口・島田×2・程塚×2・隠岐
いぶき野メッツ
4 0 3 0 4 11
竹山ヤンキース
1 1 1 1 2 6
 14安打11得点は、次の試合につながる。守備でも「攻める」気持ちを持って臨もう。


11月4日(土) 練習試合
              [十日市場G]
合計
 [安 打] 飯柴・熊坂×2・島田
 [二塁打] 久保田
スカイイーグルス
2 0 0 3 3 3 11
いぶき野メッツ
1 0 1 3 0 0 5
 守備の乱れと連打を浴び11失点。試合では、練習でやったことを1つでも出せるように「失敗を恐れない勇気」と、強い気持ちを期待します。ガンバレメッツ!


10月29日(日) 練習試合
              [長津田小]
合計
 [安 打] 飯柴・岸上・鎌田
 [二塁打] 熊坂×3・久保田
いぶき野メッツ
2 0 1 0 0 0 2 5
榎デビルス 0 0 0 2 0 4 × 6
  攻撃面は、練習の成果がでてよかったが、走塁が積極的すぎたかも。次の試合では守備面でのミスを無くそう。


10月22日(日) 田奈杯秋季大会1回戦
     [十日市場G]
合計
 [安 打] 熊坂・島田・鎌田・植田
 [二塁打] 久保田×2・
野口
 [本塁打] 熊坂
いぶき野メッツ
2 1 0 8 3 14
桜台ジュニア 0 0 0 6 0 6
 打線がよくつながり、小技も絡めて14得点。しかし守備がピリッとせず4回裏に6失点はいただけない。バッテリーは更なる工夫を。そして守備陣は、点差、状況を考えた守備ができるようになろう。


10月15日(日) 練習試合
               [三保小]
合計
 [安 打] 飯柴・久保田×3・植田×2・鎌田
 [二塁打] 岸上
 [三塁打] 熊坂
いぶき野メッツ
2 3 0 5 9 19
宮根 0 0 0 0 0 0
 最後まで集中力を切らす事無く、闘えました。この調子で、次の大会も「優勝」を目指すぞ。


10月8日(日) 練習試合
          [山下みどり台小]
合計
 [安 打] 岸上・熊坂×2・久保田・植田・野口・程塚
       鎌田
いぶき野メッツ
1 0 0 0 0 3 1 5
山下ジャイアンツ 1 0 0 0 2 1 1 5
  前回負けているので、何としても勝ちたい試合であったが、7回引き分け。2回から5回の攻撃につながりが欲しかったのと、ピンチでの守備の時、誰がチームをまとめ、心を1つにするのか、もう一度考えよう。


10月7日(土)練習試合】
             [十日市場G]
合計
 [安 打] 久保田・植田・野口・程塚・鎌田
 [二塁打] 飯柴・熊坂・久保田
つくし野フェニックス
0 0 0 1 4 0 2 7
いぶき野メッツ 0 0 0 2 0 1 3 6
 前日の雨の影響で、朝からスポンジ作業を行いなんとか試合ができました。朝速くからスポンジ作業に参加していただいたコーチ・お母さん・選手に感謝します。試合の方は、無駄な失点のため負けてしまいましたが、攻撃面では次の試合につながる作戦ができました。次の試合では、集中力を期待します。


10月1日(日) 練習試合
               [三菱G]
合計
 [安 打] 植田・飯柴・久保田・程塚・鎌田
 [二塁打] 岸上
東本郷レインボーズ
0 0 0 0 3 1 2 6
いぶき野メッツ 0 0 0 0 0 0 0 0
  打線に元気なく完封負け。「一球の大切さ」、「勝ちたい気持ち」、「ボールへの執着心」がもっともっと欲しい。自信を持って戦おう。


9月30日(土) 練習試合
            [ジュニア葵G]
合計
 [安 打] 植田×2、熊坂×2、久保田・山田・鎌田
いぶき野メッツ
2 0 0 0 0 1 5 8
ジュニア葵
1 0 0 0 0 0 4 5
 4,5番のタイムリーで先制するものの、2回から5回まで無得点。終盤、バントを絡めて追加点をあげるが、この試合、フライ6個はいただけない。次の試合は、鋭い当たりを期待する。


9月24日(日) 緑区秋季大会3回戦
        [十日市場G]
合計
 [安 打] 熊坂・
 [二塁打] 野口
 [三塁打] 久保田
いぶき野メッツ
0 0 0 0 1 0 0 1
寺山スネークス
0 0 1 0 0 4 × 5
  序盤、3塁までランナーをすすめるが、あと1本が出ず、ホームが遠いメッツ。終盤番に1点をあげるのが、この1点のみ。一方タイムリー、スクイズなどで5点を失い、秋季大会は終了した。 チーム力は、確実にアップしているので、「1プレーの大切さ」「1球の重み」を胸に次の大会こそは、君たちの「笑顔」が見たい。十日市場グランド


9月23日(日) 緑区秋季大会2回戦】
       [十日市場G]
合計
 [安 打] 飯柴・熊坂・久保田・鎌田・野口
 [二塁打] 熊坂・久保田

 [本塁打] 飯柴
長津田クラブ
0 0 0 0
いぶき野メッツ
3 7 × 10
 初回、タイムリーと相手ミスから3点を先行。2回には、打者一巡で7点をあげ、勝負あり。この勢いで1戦1戦戦い抜こう。


9月10日(日) 練習試合
               [長津田小]
合計
 [安 打] 植田・飯柴×2・久保田・岸上×2・島田×2・
        野口
 [二塁打] 植田・熊坂
いぶき野メッツ
1 0 2 0 0 3 3 9
竹山レッドソックス
3 0 0 0 3 0 2 8
  ジャンケンで勝ち、先攻を選択。初回先取点をあげるが、その裏、エラーと連打で逆転を許す。その後、両チーム得点を重ね、最終回も1点差まで詰め寄られたが、何とか寄り切った。今日の「あきらめない気持ち」と「勝つんだという強い気持ち」で秋季大会を勝ち抜こう。大いに期待してるぞメッツナイン!


9月9日(土)練習試合
        [保土ヶ谷少年野球場]
合計
 [安 打] 飯柴・久保田・島田・野口
TRY
3 7 3 0 1 13
いぶき野メッツ
0 0 0 0 1 1
  TRYさんは、とっても礼儀正しく、野球に対しての一生懸命さを感じるチームでした。守備では、ファールボールにも頭から飛び込み、ランナーでは、みな全力疾走。見習う所が多い試合でした。良いところをどんどん盗み、メッツも成長するぞ。

次へ