【 2008年度・Aチーム:試合結果(1) 】

 
 6月28日(土)

     ■練習試合                                            保土ヶ谷少年野球場
チ ー ム 名
 スカイイーグルス 0 0 4 4 0 0 1 9
 いぶき野メッツ 3 1 0 0 8 1 × 13
     ■(投)中山・小川(雅)・中山 − (捕)鎌田
     本塁打:小川(雅)  ■単打:山田 森×2 小川(雅) 小林 小川(祥) 鎌田   

前週にミーティングを行い、次週からはチームの雰囲気を変えようと誓ったはずが、全く変わらぬ雰囲気で 始まった試合でした。何度も奮い起こそうとしますが、悪い流れは変えられず一時は4点差をつけられてしまう展開。5回裏に繋ぐ意識がやっと出て、何とか8点を奪い逆転しました。この回以外は気持ちが1つになっていない 試合でした。


 
 6月8日(日)

     ■緑区春季大会 リーグ戦                                         長津田小
チ ー ム 名
 いぶき野メッツ 0 1 0 0 0 0 1
 白山フレンドジュニア 0 3 0 0 0 0 3
     ■(投)中山・小川(雅) − (捕)鎌田
     二塁打:森   単打:山田 森 小林   

春先に1度は勝っているものの、糸でんわ杯横浜市大会で優勝し勢いに乗る強豪白山フレンドジュニアさんとのリーグ最終戦は残念ながら惜敗でした。勝てばリーグ1位突破の可能性が残るため、惨敗した前日と打って変わって朝から気合いが乗っていました。しかし、始まってみれば、エースの制球が定まらず2回で6四死球とひどい内容でした。それでも先制点を取ったり、2番手が踏ん張ったりしながら、バックが守って何度か得点機を作り必死で食らいついて行ったものの最後は時間切れで終わってしまいました。しかし、今日の試合は「全員野球」をもう一度取り戻した日でした。負けたことは大変悔しいですが、夏から秋に向けて光の見えたいい試合だったと思います。


 
 6月7日(土)

     ■田奈杯 1回戦                                              みたけ台小
チ ー ム 名
 いぶき野メッツ 1 1 0 1 3
 桜台ジュニア 2 6 3 2 13
     ■(投)中山・小川(雅) − (捕)鎌田
     二塁打:山田 小林   単打:鎌田 小川(雅) 鈴木 小林   

朝の練習から何となく気合いが入っていなく、ダレた雰囲気の中、試合が始まってしまいました。案の定、初回からミスの連続で2回表までは何とか持ちこたえましたが、その後は相手の4番に特大の満塁ホームランを浴びたりと投手陣が持ちこたえられず大敗を喫してしまいました。守りの1つのミスをみんなでカバーできず、さらに傷口を広げてしまう最悪のパターンでした。今年のスローガン「全員野球」をもう一度思い出そう!


 
 6月1日(日)

     ■緑区春季大会 リーグ戦                                             上山小
チ ー ム 名
 いぶき野メッツ 2 2 2 1 2 9
 竹山レッドソックス 0 0 0 0 0 0
     ■(投)中山 − (捕)鎌田
     三塁打:鎌田   二塁打:森 小林 鎌田   ■単打:森×2 中山×2 鎌田 難波 小川(雅) 山田

久しぶりの快勝でした。エースの調子もよく、打線もよく打ちました。しかし、走塁のミスが多く、ヒットの数の割には点が入っていません。走者は相手の肩や守備位置をよく考えて判断しましょう。


 
 5月6日(火)

     ■練習試合                                                   長津田小
チ ー ム 名
 いぶき野メッツ 0 0 2 1 0 0 1 4
 藤が丘ファイヤーズ 0 0 1 2 1 0 1× 5
     ■(投)中山 − (捕)鎌田
     二塁打:鎌田×2 鈴木 難波   単打:蓮見   

メッツのエースは前半好調でしたが、2順目辺りから相手の中軸を警戒しすぎて四死球が多くなり、最後は押し出しサヨナラでした。でも1試合よく投げきりました。この悔しさを次の試合にぶつけてくれることを期待します!


 
 5月5日(月)

     練習試合                                                  長津田小
チ ー ム 名
 いぶき野メッツ 0 1 0 0 0 0 0 1
 桜台ジュニア 1 1 0 1 0 1 × 4
     ■(投)小川(雅)・中山 − (捕)鎌田
     二塁打:蓮見

ゴールデンウィークで戦力が整わない中で善戦したと思います。打順を組換えましたが、まだその効果は出ていないようです。相変わらず打線が低調です。


 
 4月27日(日)

     緑区春季大会 リーグ戦                                        十日市場G
チ ー ム 名
 いぶき野メッツ 0 0 1 1 0 0 0 2
 グリーンボーイズ 0 2 2 1 0 3 × 8
     ■(投)中山・小川(雅) − (捕)鎌田
     二塁打:鎌田   単打:鈴木×2 山田 鎌田 森   

前日の敗戦のショックから立ち直れないまま今日の試合に臨み、昨日と同じように守備のミスを連続して、情けない試合をしてしまいました。今年のチームになってはじめて緑区のチームに負けました。6年生の気持ちがバラバラになっています!もう一度自分達の野球を見直そう!「全員野球」が今年のメッツのスローガンですよ!!


 
 4月26日(土)

     ■全日本学童横浜市大会(2回戦)                                保土ヶ谷少年野球場
チ ー ム 名
 いぶき野メッツ 0 0 1 1
 荏田南イーグルス 7 5 × 12
     ■(投)中山・小川(雅) − (捕)鎌田
     本塁打:鎌田   二塁打:小川(雅)  

上部大会のダブルヘッダー2戦目は物凄く厳しく、試練の試合でした。1戦目とは全く別チームを見ているようでした。初回、先頭打者の内野ゴロエラーから端を発し、次々に連鎖的にエラーが続き、一挙7点を奪われ厳しい展開となりました。結局、3回コールド負け。市の中ではこれが実力だと認めざるを得ません。もう一度立て直して、リベンジしたいと思います!


 
 4月26日(土)

     ■全日本学童横浜市大会(1回戦)                                保土ヶ谷少年野球場
チ ー ム 名
 上瀬谷タイガース 0 0 0 0 0 0 0 0
 いぶき野メッツ 1 1 0 1 3 0 × 6
     ■(投)中山・小川(雅) − (捕)鎌田
     単打:鈴木×2 小林×2 鎌田 小川(雅) 山田 森

上部大会で1安打の完封リレーで快勝でした。初回から素晴らしい守備でリズムをつくり、チャンスは必ずものにして得点を重ね、ミスが1つもなくメッツらしい試合運びでした。市の大会でこれだけの試合ができることがわかり、選手には本当に自信になった1戦でした。


 
 4月20日(日)

     ■緑区春季大会 リーグ戦                                            長津田小
チ ー ム 名
 長津田クラブ 0 0 0 0 0 0
 いぶき野メッツ 2 0 1 1 7
     ■(投)中山 − (捕)鎌田
     本塁打:鎌田   二塁打:山田   ■単打:鈴木 鎌田×3 森×2 吉永 中山   
先頭打者の柵越えホームランで派手な始まり方でしたが、全体的に打線が低調でなかなか決めきれない状況が続きましたが、何とか5回にヒットがつながり大量得点を奪い、まずは第1戦目をコールドで勝つことができました。打撃は心配ですが、投手を含めた守りは安定感があります。この調子で全日本学童横浜市大会も頑張りましょう!

 
 4月19日(土)

     ■練習試合                                                   鴨志田公園G
チ ー ム 名
 いぶき野メッツ 5 0 1 2 0 2 2 12
 鴨志田スワローズ 0 0 1 1 0 2 2 6
     ■(投)中山 − (捕)鎌田
     単打:難波 小川(雅) 吉永 森 小林 蓮見   二塁打:小川(雅)
初回に相手のエラーに助けられ5点を先制しましたが、気を緩めずにエンドランやスクイズを決め、点を取れる所できちんと取れる野球が中盤まではできました。しかし、後半は集中力を欠き、相手クリーンナップへの不用意な球を長打されたり、内野の守備でエラーが出たりして無駄な得点を献上してしまいました。最後まで自分達の野球ができるような集中力の持続が今後の課題だと思いました。

 
 3月30日(日)

     ■練習試合                                                    竹山南公園
チ ー ム 名
 いぶき野メッツ 0 0 4 1 8 2 0 15
 竹山ヤンキース 1 4 0 0 0 5 3 13
     ■(投)中山・小川(雅) − (捕)鎌田
     本塁打:鎌田   三塁打:小川(雅)  単打:鈴木×2 鎌田×2 小川(雅)×2 蓮見×2 山田
この日はエースが不調で、2回には満塁ホームランを打たれ、5点のリードを奪われましたが、3回・4回で一気に同点にすると、5回に8点の強攻で突き放しました。ところがヤンキースさんの執念の粘りで追いつかれそうになりましたが、何とか逃げ切りました。どうしても竹山南公園でヤンキースさんに勝っておきたかったので、最後は必死でした。今年も怖いチームです。

 
 3月23日(日)

     ■全日本学童緑区代表決定戦                                         森の台G
チ ー ム 名
 いぶき野メッツ 0 3 1 0 0 0 3 7
 東本郷レインボーズ 0 0 1 0 1 1 1 4
     ■(投)小川(雅)・中山 − (捕)鎌田
     二塁打:吉永 小川(雅)   単打:森×2 鈴木×2 鎌田 難波 小川(雅) 蓮見   
前半はリードして優位に試合を進めていましたが、さすがは東本郷レインボーズさんです。徐々に追いついてきて、6回を終わって1点差で嫌なムードでしたが、7回に打線がつながり3点をあげ、何とか逃げ切り勝ちました。毎試合ヒーローが入れ替わり、一戦一戦強くなり、スローガン通りの「全員野球」が実践できていると思います。メッツで初の全日本学童出場だそうです。一戦でも多くできるように頑張ろう!!

 
 3月22日(土)

     ■全日本・関東学童緑区代表決定戦                                     十日市場G
チ ー ム 名
 白山フレンドジュニア 0 0 0 0 0 0 0
 いぶき野メッツ 1 0 0 1 1 × 3
     ■(投)中山 − (捕)鎌田
     単打:鎌田 森
昨年一度も勝てなかった白山フレンドジュニアさんに完封の快勝でした。初回、相手のミスで先制すると、4回、5回に小刻みに加点し徐々に点差を広げました。投げてはエースがランナーを出すものの要所をしめて、強力白山打線を4安打に抑えました。これで上部大会出場を決めました。今日のように守りでミスが出なければ、何とかなります!自信をもって、次もがんばろう。

 
 3月16日(日)

     ■長津田地区大会決勝                                             十日市場G
チ ー ム 名
 いぶき野メッツ 2 2 0 1 4 9
 南長津田ジュニアジャイアンツ 0 1 0 0 0 1
     ■(投)中山 − (捕)蓮見
     二塁打:難波×2 小川(雅)   ■単打:蓮見 小川(祥)   
インフルエンザや風邪が流行っていて、何人かが前日まで寝込んでいたり、当日欠場したりと万全の体制ではなく非常に不安がありました。そんな不安もチームをまとめる主将が吹っ切ってくれました。初回、2回と得点に絡む連続2塁打を放ち、序盤で4点をリードして勢いに乗り、コールド勝ちを収めました。今年のスローガン『全員野球』ができた試合だったと思います。

 
 3月9日(日)

     ■練習試合                                                       恩田小
チ ー ム 名
 ヨコハマナイン 6 0 0 1 0 3 10
 いぶき野メッツ 0 0 0 0 1 1 2
     ■(投)中山・小川(雅) − (捕)鎌田
     単打:ノーヒット
前日の疲れがあったようで、投手を含め全体として動きが鈍い印象でした。初回からヒット3本に四死球4つが絡み大量失点を喫しました。やはり立ち上がりが重要ですね。新チームになって初黒星です。

 
 3月8日(土)

     ■練習試合                                                    新横浜投擲G
チ ー ム 名
 いぶき野メッツ 1 1 0 3 0 0 5
 鴨居ファイターズ 0 0 0 3 0 1 4
     ■(投)中山・小川(雅) − (捕)鎌田・蓮見
     三塁打:中山   単打:鎌田 小川(雅) 小林・蓮見    
秋の5年生以下大会でサヨナラ負けした鴨居ファイターさんと練習試合をしました。相手投手の乱れもあり、序盤から得点を重ね最後は何とか逃げ切りました。得点機でのバントや走塁のミスがまだまだ多く、もっと練習をつまなければならないと感じました。

 
 3月2日(日)

     ■長津田地区大会1回戦                                            十日市場G
チ ー ム 名
 スカイイーグルス 0 0 0 0 0 0 0 0
 いぶき野メッツ 2 0 2 0 0 1 × 5
     ■(投)中山 − (捕)鎌田
     二塁打:鎌田   ■単打:小林×2 山田 鈴木 蓮見  

新チームではじめての公式戦で快勝です。エースは2安打、8奪三振の完封勝利、打線はあまりいい当たりはなかったけれど、先制、中押し、ダメ押しと効果的に得点を挙げ、危なげない勝利でした。次の試合に勝てば、長津田地区代表になります。この調子で頑張ろう!)


 
 3月1日(土)

     ■練習試合                                              あかね台鍛冶谷公園G
チ ー ム 名
 いぶき野メッツ 3 3 0 0 0 0 0 6
 グリーンビクトリーズ 3 2 0 0 1 0 0 6
     ■(投)中山・小川 − (捕)鎌田
     単打:山田×3 鎌田×2 小川 中山

1、2回と相手投手の乱れに乗じて、点を取りましたが、こちらのエースも前週の試合とは大違いで立ち上がりが非常に悪く、5点を献上してしまいました。ところが2番手投手がとても踏ん張り5回に1点を取られただけで、結局は同点で終わりました。走塁では少し暴走気味で得点機を逃す場面もありましたが、この日のテーマは積極的な走塁でしたので、まずまずの成果があった試合だったと思います。


 
 2月23日(土)

     ■練習試合                                                       上山小
チ ー ム 名
 いぶき野メッツ 0 0 0 3 1 4 0 8
 寺山スネークス 0 0 0 0 0 0 2 2
     ■(投)中山 − (捕)鎌田
     三塁打:森   単打:鎌田 山田 吉永 中山 小林  

1、2回の得点機に凡打や走塁ミスで点が取れず、いやな感じの序盤戦でしたが、メッツのエースの調子がとてもよく小気味の良いピッチングでその雰囲気を振り払ってくれました。中盤、打線がつながり得点差がついたので、エースに完封してもらおうと最終回も投げてもらいましたが、相手の3、4番に打たれ2点を献上してしまいました。野球はそんなに甘くはありませんね。でも、エースや選手にとってはとても自信がついた試合だったと思います。


 
 2月17日(日)

     ■練習試合                                                     白山高校G
チ ー ム 名
 いぶき野メッツ 1 5 6
 竹山レッドソックス 1 3 4
     ■(投)中山 − (捕)鎌田
     単打:鎌田・山田 蓮見

Aチ−ムの初戦は竹山レッドソックスさんとの練習試合でした。相手投手の乱れをついて3回に大量点を挙げたものの、4回にはこちらが四死球を連発し追いつかれそうになりましたが、何とか逃げ切り初戦を勝利で飾ることができました。この調子でがんばろう!!!


次へ