【2008年度・Aチーム:試合結果(2)】
    2009年2月15日(日) 
     ■練習試合                                                       竹山小

チ ー ム 名
 竹山ヤンキース 1 2 1 0 1 0 5
 いぶき野メッツ 0 0 0 0 0 0 0
     ■(投)小川・中山 − (捕)難波
     二塁打:小川 難波
6年生の最終試合を竹山ヤンキースさんにお願いしました。さすがに秋のローカル2大会の準優勝チームです。実力通り、思い切った打撃でどんどん加点され、さらにこちらは1点も取れず、完封されてしまいました。しかし、6年生は最後の良い思い出になりました。ヤンキースさん本当にありがとうございました!6年生はお疲れ様でした。中学でも一生懸命がんばってくれることを期待しています。               

    2009年2月8日(日)
     ■練習試合                                                     長津田小
チ ー ム 名
 スカイイーグルス 1 0 0 0 0 0 1
 いぶき野メッツ 0 2 1 0 1 0 4
     ■(投)中山 − (捕)鈴木
     二塁打:森 鈴木   ■単打:山田×2 中山×2 上谷
練習試合とはいえ、久しぶりの勝利でした。1回先頭打者の四球から先制点を取られ嫌な展開になりかけましたが、すぐに適時打で逆転すると3、5回と加点し、投手も初回以外は危なげない投球で勝利を納めました。6年生はあと1試合です。この調子で有終の美を飾れるように最後まで頑張りましょう! 

    2009年1月18日(土)
     ■ジャイアンツカップ1回戦                                          十日市場G
チ ー ム 名
 いぶき野メッツ 0 0 1 0 0 1
 グリーンビクトリーズ 5 1 1 0 8
     ■(投)小川(雅)・小林・中山 − (捕)鎌田
     二塁打:鎌田   ■単打:小林・鈴木
6年生最後の大会はあっけなく終わってしまいました。初回のメッツの攻撃ではチャンスを迎えながらも得点できず、その裏に相手打線の思い切りのよい振りにメッツのエースは5点の大量点を与え、苦しい展開となりました。その後もチャンスはつくるものの得点は1点だけ。逆に小刻みに得点され、コールド負けを喫してしまいました。しかし、6年生は一生懸命に最後まであきらめずプレーしました。お疲れ様!試合後、みんな涙しながらも、この6年生9人で野球ができたことが本当に良かったと語ってくれました。本当にまとまりのあるいいチームだったと思います。

    2009年1月12日(月)
     ■練習試合                                                      飯田北小
チ ー ム 名
 阿久和ファイターズ 0 0 0 0 0 2 0 2
 いぶき野メッツ 0 0 0 2 0 0 0 2
     ■(投)小川(雅)・中山 − (捕)蓮見
     単打:小川(雅) 森 吉永 蓮見
けがなどで主将など6年生数名がいない中、この日はエースが絶好調で、5回までノーヒットノーランで抑えテンポよくきていました。また、攻撃も4回にツーランスクイズを決め先制するなど緊張感のある試合展開となりました。6回にヒットが出て1点献上しましたが、2アウトランナーなしまでこぎつけました。しかし、ここから守備の乱れなどがあり、もう1点入れられ同点になってしまいました。結局最終回も1アウト3塁まで攻めましたが、点が入らず引き分けで終了。最近の勝てないメッツの姿が凝縮された終盤でした。1つのミスで勝ちを逃すこのパターンからの脱却が必要です。今週から6年生は最後の大会が始まります。1日でも長くこの仲間たちと野球ができるよう1球1球を大切にしていこう! 

    12月20日(土)
     ■緑シニア馬場会長杯1回戦                                          緑シニアG
チ ー ム 名
 都筑オールスターズ 0 0 0 3 0 0 3
 いぶき野メッツ 0 0 1 0 0 1 2
     ■(投)小川(雅) − (捕)鎌田
     二塁打:蓮見   ■単打:小林×2 鈴木 吉永
攻撃、守備ともにここぞ!というところでミスが出て、ズルズルと負けてしまいました。エースもよく投げましたが、4回だけは高目に浮いた球を痛打され失点をしてしまいました。それぞれのミスを周りのみんなでカバーする「全員野球」が全く見られず、バラバラのようなに感じます。6年生は残り一つの大会しかありません!もう一度自分たちの野球を見つめ直そう。     

    11月30日(日)
     ■練習試合                                                  東本郷三菱G
チ ー ム 名
 いぶき野メッツ 0 0 0 0 0 0 1 1
 東本郷レインボーズ 1 0 1 1 1 0 × 4
     ■(投)小川(雅)・中山 − (捕)鈴木
     単打:難波 小川(雅) 鈴木 吉永
緑区春秋連覇している東本郷レインボーズと練習試合をしました。両チームとも主軸が抜けた試合でしたが、小刻みに加点してくるレインボーズさんに対して、簡単に凡打してくるメッツの選手たち。またもや完封負けかと思いましたが、最終回に何とか1点を返し意地を見せました。この日も走塁のミスで大事な得点機を逃してしまいました。今のメッツは少ないチャンスを逃さない集中力が必要です。   

    11月15日(土)
     ■練習試合                                                  鴨志田公園G
チ ー ム 名
 いぶき野メッツ 3 1 1 3 0 0 0 8
 鴨志田スワローズ 0 7 0 0 0 1 0 8
     ■(投)小川(雅)・小林 − (捕)鎌田
     二塁打:鎌田   単打:小川(雅)×2 中山×2 上原 小林
初回に4試合ぶりの得点が入り、安堵したのも束の間、エースの大乱調で2回の裏に 一挙に7点を献上し、苦しい展開となりました。こんなエースを見るのは今年はじめてでした。本人も自分の不甲斐なさを感じて、涙を流しながら投げ続けました。これも試練です!いい経験になったと思います。後半は5年生も全員出場し、経験を積むことも出来ました。    

    11月9日(日)
     ■長津田地区大会リーグ戦                                            長津田小
チ ー ム 名
 長津田クラブ 0 0 0 0 0 1 1 2
 いぶき野メッツ 0 0 0 0 0 0 0 0
     ■(投)小川(雅)・小林 − (捕)蓮見
     二塁打:難波
前日の疲れが残っていたのか、この日も振りが鈍く4試合連続の完封負けを喫してしまいました。4回にノーアウト2、3塁のチャンスも内野ゴロやスクイズ失敗で得点できず、全くいいところなしでした。バッティングは重症です。この先、いつ得点できるのでしょうか? 

    11月8日(土)
     ■横浜市各区対抗親善大会・準決勝                                     神ノ木G
チ ー ム 名
 いぶき野メッツ 0 0 0 0 0 0 0 0
 別所ベアーズ 0 0 1 3 0 0 0 4
     ■(投)小川(雅)・小林 − (捕)鎌田
     単打:小川(雅)
いよいよ決勝戦。みんな緊張しているのか表情が固く、リラックスするように言ってもなかなか笑顔が見られませんでした。相手ピッチャーはベイスターズジュニアに選抜された素晴らしい投手で球のスピード、コントロールは今年対戦した投手の中でピカイチでした。21個のアウトの内14個も三振を奪われ、全く手も足も出ないといった感じでした。最終回にやっとヒットが出てノーヒットノーランを免れるのがやっとでした。とはいえ、市の大会で準優勝は素晴らしい成績です!みんな本当によく頑張りました。メッツの歴史に新たな1ページを刻みました。 

    11月3日(月)
     ■練習試合                                                   ジュニア葵G
チ ー ム 名
 いぶき野メッツ 0 0 0 0 0 0 0 0
 ジュニア葵 3 0 1 0 2 0 0 6
     ■(投)小林 − (捕)鎌田
     単打:鈴木
午前中の地区リーグに続き完封負けでした。午前中の敗戦のショックが抜けきらぬ間に初回に長短打4本を浴びて3点を失い、この時点ですでに元気がなくなっていました。この試合も初回1アウト2塁で牽制死と先制点のチャンスを潰すミスがあり、勢いが完全になくなってしまいました。次の塁を狙う走塁は必要ですが、大事なところでの慎重さも必要です。

    11月3日(月)
     ■長津田地区大会リーグ戦                                           長津田小
チ ー ム 名
 スカイイーグルス 1 0 0 0 0 1 0 2
 いぶき野メッツ 0 0 0 0 0 0 0 0
     ■(投)小林・小川(雅) − (捕)蓮見
     二塁打:森 小林  ■単打:蓮見
長津田地区2戦目はまさかの完封負けでした。相手投手の好投に全く打線が振るわず、ヒットが出ても牽制や暴走でチャンスをつぶしてしまいました。振りが鈍いです。狙い球を絞って思いきり振りぬこう。 

    11月2日(日)
     ■長津田地区大会リーグ戦                                           長津田小
チ ー ム 名
 いぶき野メッツ 0 0 2 2 2 0 1 7
 南長津田ジュニアジャイアンツ 0 0 0 0 0 0 0 0
     ■(投)小川(雅)・小林 − (捕)鎌田
     二塁打:小川(雅) 鎌田  ■単打:難波×2 鈴木 吉永
長津田地区大会の1戦目は小刻みに得点を重ね快勝でした。2回にチャンスを作るものの 得点できず、序盤は嫌な展開でしたが、3回に相手のエラーから得点し、その後も得点を重ね、終わってみれば7点差の勝利でした。打線のつながりがもう少しあれば、ビッグイニングを作れると思います。次の打者につなぐバッティングをしよう!  

    10月19日(日)
     ■横浜市各区対抗親善大会・準決勝                                  新横浜投擲G
チ ー ム 名
 いぶき野メッツ 0 0 0 1 5 0 0 6
 永田オックス 0 1 0 0 0 0 0 1
     ■(投)小川(雅) − (捕)鎌田
     三塁打:小川(雅)×2  ■単打:小林×2 鈴木 森 蓮見 吉永
何と上部大会の準決勝も勝ちました!序盤は1点リードされていましたが、声や気迫では相手を上回っていたのですぐに追いつけると思っていました。4回に4番のタイムリーであっさり追いつき、5回には相手のミスもあったものの5点の大量点を挙げ、試合を決定づけました。前日の勢いが全く衰えていない素晴らしい試合運びだったと思います。これまでのメッツの歴史の中で上部大会は2回戦進出が最高でしたが、大きくその歴史を塗り替えることとなりました。決勝の相手はかなりの強豪のようですが、ここまで来たからには優勝目指してがんばりましょう! 

    10月18日(土)
     ■横浜市各区対抗親善大会・準々決勝                            保土ヶ谷少年球場A面
チ ー ム 名
 大曾根ライガース 0 0 0 0 0 0 0 0
 いぶき野メッツ 1 0 0 0 2 1 × 4
     ■(投)小川(雅)・小林 − (捕)鎌田
     単打:鎌田 小林 蓮見
先制の後、しばらくこう着状態が続きましたが、2ランスクイズで一気に流れに乗り突き放しました。午前中の2回戦に続き、堅い守備とエース、リリーフ二人の投手の完璧なピッチングにより、相手を零封。この大会に入り、やっと本来持っていた力を試合で発揮できてきていると思います。選手みんなが声を掛け合いながら野球を楽しみ、また勝利を喜んでいる姿からチームの勢いを感じました。このまま、『全員野球』で一番高いところまで駆け上がろう。

    10月18日(土)
     ■横浜市各区対抗親善大会・2回戦                              保土ヶ谷少年球場B面
チ ー ム 名
 茅ケ崎ドリームス 1 0 0 0 0 0 0 1
 いぶき野メッツ 0 2 2 0 0 3 × 7
     ■(投)小川(雅)・小林 − (捕)鎌田
     二塁打:森 蓮見  ■単打:鈴木×2 中山×2 小林×2 森 鎌田 小川(雅) 蓮見
立ち上がりに硬さが目立ち1点を先制されましたが、気持ちの切り替えがうまくできました。その後は、積極的な打撃や走塁で得点を重ね、2回戦突破です。課題であった振り切るバッティングもできていたと思います。また、エースの安定した投球により、守備に攻撃に終始よいリズムで試合を進めることができました。この調子でさらに上を目指そう。

    10月12日(日)
     ■練習試合                                                     森の台G
チ ー ム 名
 いぶき野メッツ 0 0 0 0 1 1 2
 DMファイターズ 0 2 1 0 7 0 10
     ■(投)小川(雅)・中山 − (捕)蓮見
     単打:森×2 鈴木
序盤からバットの振れている相手打線を抑えることができませんでした。低めを投げてもすくいあげられ、高めで釣ろうと思っても狙い澄ましたように打たれ、完敗です。メッツのみんなは、ただ単に凡打を繰り返すだけでなく、バッターボックスの中でいろいろと工夫することが大事です。

    10月11日(土)
     ■練習試合                                            保土ヶ谷少年野球場B面
チ ー ム 名
 いぶき野メッツ 1 0 0 0 0 0 3 3
 桜台ジュニア 0 3 1 0 0 5 × 9
     ■(投)小川(雅)・中山 − (捕)鎌田
     二塁打:蓮見  ■単打:鎌田×3 中山 吉永 小林
同じ各区対抗親善大会に出場している 桜台ジュニアさんと、予行を兼ねて保土ヶ谷少年野球で練習試合を行いました。相手投手の重い球に詰まった当たりが多く、スイングの鈍さが目立ちましたが、最終回何とか3点を返し意地は見せられたと思います。ランナーが出ると点が入ってしまう流れではなかなか勝っていけないと痛感しました。

    10月5日(日)
     ■練習試合                                                    榎が丘小
チ ー ム 名
 いぶき野メッツ 0 0 1 0 2 0 0 3
 榎デブルス 0 0 0 1 1 0 4
     ■(投)小川(雅)・中山 − (捕)鎌田
     単打:鎌田×2 難波 蓮見 上原
序盤の走塁ミスが響き最後はサヨナラ負けを喫してしまいました。積極的な走塁を促していますが、サインが出ると妙に意識してしまうところがあります。サインが出ても平常心で普段のプレーをしましょう。また、春先のエースが復活し、長いイニング投げられる目途が立ったのは収穫でした。 

    10月4日(土)
     ■横浜市各区対抗親善大会・1回戦                              保土ヶ谷少年球場A面
チ ー ム 名
 いぶき野メッツ 1 0 0 0 1 0 2 4
 あざみ野ビーバーズ 0 0 0 0 1 0 0 1
     ■(投)小川(雅) − (捕)鎌田
     二塁打:森  ■単打:小川(雅)×2 鎌田 森 中山 小林
ここ数年間、上部大会(市大会)での保土ヶ谷A面では大差をつけられての惨敗続きで、いぶき野メッツの鬼門とされてきました。しかし、この日はそのグランドでの会心の勝利で悪いジンクスから解き放たれました。初回に1点を挙げ、勢いに乗りたいところでしたがなかなか点が奪えず苦しい展開でした。7回表に3番の2点タイムリーヒットが出て、何とか逃げ切り、勝利を手にしました。エースの粘りのピッチング、サード・ショートの固い守りが光ったナイスゲームでした。

    9月28日(日)
     ■練習試合                                                    白山高校
チ ー ム 名
 いぶき野メッツ 1 0 4 0 0 5
 鴨居ファイターズ 2 0 3 2 × 7
     ■(投)小川(雅) − (捕)鎌田
     本塁打:小川(雅)  単打:鎌田 中山
5年生以下大会が長引いたので、短い時間での練習試合になってしまいました。秋の大会での成績がいま一つだったので、奮起を期待しましたが、相変わらず走塁や守備のミスが多く、簡単に失点するパターンが続きました。上部大会に向けて気持ちを切り替えて頑張りましょう。 

    9月23日(火)
     ■緑区秋季大会・3回戦                                             長坂谷G
チ ー ム 名
 グリーンボーイズ 1 0 0 0 0 3 0 2 6
 いぶき野メッツ 1 0 2 0 1 0 0 0 4
     ■(投)小川(雅)・小林 − (捕)鎌田
     二塁打:小林  単打:森×2 難波 吉永 蓮見 小林
秋の大会のベスト4をかけた一戦。春に惨敗しているグリーンボーイズさんとの対戦でした。前半は押し気味に試合を進めていましたが、6回メッツのエースが四球を連発したところから雲行きが怪しくなり、相手の6番打者に2アウトから3ランホームランを打たれ同点に追いつかれてしまいました。最終回もサヨナラのチャンスを得ましたが、相手のファインプレーに阻まれ、延長戦に突入しましたが、最後は力つきてしまいました。メッツらしいナイスゲームでしたが、ホームランを打たれたたった1球に泣いたゲームだったと思います。特に6年生には1球の大事さがよくわかった1戦だったと思います。  

    9月15日(月)
     ■緑区秋季大会・2回戦                                             長津田小
チ ー ム 名
 いぶき野メッツ 0 0 0 0 0 0 3 3
 竹山レッドソックス 0 2 0 0 0 0 0 2
     ■(投)小川(雅) − (捕)鎌田
     単打:小川(雅) 鈴木 森 小林
この大会での上位入りを目標に頑張ってきたのに危うく初戦敗退する寸前まで追い込まれました。春の大会で大勝している竹山レッドソックスさんに6回まで完璧に抑えられ敗戦ムード漂う7回表。3番からの好打順で6年生の底力が最後の最後で発揮され、それに5年生がよくついてきてくれて、何とか逆転勝利を収めることができました。この集中力を次の試合にも出して上位進出を目指して頑張りましょう!    

    9月7日(日)
     ■練習試合                                                    田奈高校
チ ー ム 名
 竹山ヤンキース 0 1 2 0 0 9
 いぶき野メッツ 0 0 0 2 1 - 3
     ■(投)小川(雅)・小林 − (捕)鎌田
     三塁打:上原  二塁打:上原  単打:鎌田×2 難波 山田 小林
何度も雨で練習試合が流れてしまっていた竹山ヤンキースさんとやっと試合ができました。序盤で3点リードされながらも何とか粘って同点まで追いついたのですが、最終回に守備の乱れと長打を浴びたところで時間がなくなり終了してしまいました。最後の最後での粘りと集中力の持続が夏前からの課題でしたが、まだまだ克服できていないようです。

    8月31日(日)
     ■練習試合                                                   山中湖東小
チ ー ム 名
 いぶき野メッツ 4 1 1 0 2 0 0 8
 山中湖東 2 0 0 0 0 0 1 3
     ■(投)小川(雅)・小林 − (捕)鎌田
     単打:鈴木×3 小川×2 難波 山田 鎌田 森 中山
今年から合宿先を山中湖にしました。宿の方の計らいで地元のチームと練習試合をすることができました。この地域は8月上旬に6年生が卒団してしまうそうで、相手は5年生チームでした。ただ、この小学校の男子生徒のほとんどがこのチームに属していることと6年生が1人しかいなかったそうなので、結束力が固く、しっかりとしたチームだと感じました。試合は初回、主軸にタイムリーが出て4点を奪い、優位に試合を進めましたが、1回裏の守備の乱れと好機での走塁ミスで大量点が奪えなかったのが反省点です。ランナーに出た時の状況判断が甘すぎます!

    8月3日(日)
     ■練習試合                                                    スターズG
チ ー ム 名
 青葉スターズ 0 2 0 2 6 0 0 10
 いぶき野メッツ 0 0 0 0 0 0 0 0
     ■(投)小川(雅) − (捕)鎌田
     単打:蓮見
とても暑い日でしたが練習試合の2試合目を青葉スターズさんと行いました。相手投手の速球に全く手が出ず三振の山。守っては相手打線の速い打球や速い足になすすべもなく、全くの完敗でした。一つ一つのプレーの動きの速さ、切れに差をとても感じ、勉強にもなりました。
    8月3日(日)
     ■練習試合                                                   田奈高校G
チ ー ム 名
 いぶき野メッツ 2 0 3 0 0 0 5
 青葉ドリームス 0 1 1 0 1 2 5
     ■(投)小林・中山 − (捕)鎌田・蓮見
     三塁打:小林  単打:鎌田 小川(雅) 鈴木 難波 森
前日、勝っていれば2回戦のはずでしたが、練習試合になってしまいました。5年生投手を前週に続き試してみましたが、なかなかの好投を見せました。最後に6年生投手にスイッチしましたが、リードを守り切れず同点で終わりました。5年生も力をつけてきています。 6年生はうかうかしてられませんよ。
    8月2日(土)
     ■フェニックス杯 1回戦                                         泉田向公園G
チ ー ム 名
 いぶき野メッツ 0 2 0 0 0 0 0 2
 市ケ尾シャークス 0 0 0 1 0 2 × 3
     ■(投)小川(雅) − (捕)鎌田
     二塁打:鎌田   ■単打:鈴木 森 中山
序盤から押し気味に試合を進めていましたが、走塁のミスやチャンスでの凡フライなどで得点を奪えず、じわじわと押し返されてきましたが何とか耐えて6回の裏を迎えました。それまで、コーナーをうまくついていたメッツのエースが、この回の先頭打者に簡単にストライクを取りに行って2塁打を打たれ、その後エラーも絡み、逆転を喫してしまいました。6年生には残る大会がだんだんと少なくなってきました。これから一球一球が大事になってきます。 
    7月27日(日)
     ■練習試合                                                  剣山公園G
チ ー ム 名
 いぶき野メッツ 1 0 0 2 1 0 3 7
 劍山ファイターズ 1 0 0 0 0 0 0 1
     ■(投)小川(雅)・小林 − (捕)鎌田
     二塁打:鎌田   ■単打:鎌田×2 森 吉永 山田 蓮見  
とてもムシムシする暑い日でしたが、みんな元気にプレーをして頑張っていました。ここのところの試合は声も出ていて、試合で負けても声や元気では相手チームに負けていないと思っています。キャプテンがよくみんなを引っ張っていますし、「全員野球」ができています。夏のこの時期6年生は成長できる時期です。この調子で秋に向かって一丸となって練習していきましょう!!
    7月26日(土)
     ■練習試合(1試合目)                                         かやの木公園G
チ ー ム 名
 あざみ野ビーバーズ 1 3 1 3 0 3 0 11
 いぶき野メッツ 0 0 0 2 1 1 0 4
     ■(投)小川(雅)・中山 − (捕)鎌田
     単打:鎌田 小川(雅) 鈴木
土曜日の午前中の試合はだいたいエンジンのかかるのが遅く、出だしがあまり良くないのですが、この日もまさにそうでした。序盤の攻撃では走塁のミスやフライを打ち上げるなど普段から注意していることを繰り返してしまいました。また、守備では1つのエラーが次のエラーを誘う形で止まらなくなり、あげなくても良い点を簡単に与えてしまいました。これからの公式戦でも土曜日の午前の試合があります。試合への気持ちの持ち方に注意しましょう。
    7月26日(土)
     ■練習試合(2試合目)                                         かやの木公園G
チ ー ム 名
 いぶき野メッツ 0 0 0 0 4 2 2 8
 あざみ野ビーバーズ 0 0 0 0 0 2 - 2
     ■(投)小林 − (捕)蓮見・鎌田
     三塁打:蓮見   ■単打:小川(雅)×3 鈴木×3 鎌田×2 蓮見
2試合目は5年生バッテリーを先発させましたが、なかなか力のある球を投げ、完封まではいきませんでしたが相手を3安打に抑える好投でした。打線は相変わらず低調でした。後半に打線がつながり点は取りましたが、相手がメンバーを落としていたのであまり喜べる内容ではなかったです。
    7月21日(月)
     ■練習試合                                                  長津田小G
チ ー ム 名
 いぶき野メッツ 1 0 0 0 0 2 0 3
 ジュニア葵 0 0 0 0 1 1 0 2
     ■(投)小川(雅)・小林 − (捕)蓮見
     二塁打:小川(雅) 森   ■単打:難波×2 森×2 吉永×2 鈴木 中山 小川(祥)  
練習試合でしたが、全員が1つになって集中しできた、とてもいい試合でした。また、いろいろなことも試せて収穫の多い試合でした。また、ここ4試合が1点差ゲームでとても緊張感のある試合ができています。この調子で暑い夏を乗り切り、一皮むけたメッツにしていきましょう。
    7月19日(土)
     ■緑区夏季大会2回戦                                             長坂谷G
チ ー ム 名
 いぶき野メッツ 0 0 1 0 0 1
 DMファイターズ 0 0 0 2 × 2
     ■(投)小川(雅) − (捕)鎌田
     単打:小川(雅) 鎌田   
つの守備のミスで強敵DMさんに勝てるチャンスを逸してしまいました。前半は両チームともランナーを出すものの何とか抑えましたが、3回表に3番のタイムリーで欲しかった先取点を挙げました。しかし、4回裏に2つのミスが連続して2点を取られ逆転され、5回も2アウト満塁まで攻め立てましたが、一歩及びませんでした。それでも、ここのところ「全員野球」が戻り、メッツらしいしぶとい野球ができています。詰めが甘いところがあるので、夏にその甘さを払拭できるように練習しましょう。
    7月12日(土)
     ■雪印杯3回戦                                                桂台公園G
チ ー ム 名
 いぶき野メッツ 0 0 1 0 1 0 1 3
 グリーンビクトリーズ 2 0 1 0 0 0 4
     ■(投)中山・小川(雅) − (捕)鎌田
     二塁打:難波   単打:森 中山 小川(雅) 鎌田   
今日もエースの立ち上がりが悪く、すぐに2番手に代えて何とか試合を作ることができました。7回表に2アウト3塁からヒットが出て同点に追いつき、粘りを見せましたが 最後は長打を打たれてサヨナラ負けを喫してしまいました。みんなの気持ちが出て素晴らしい試合でした。 
    7月12日(土)
     ■練習試合                                                 十日市場町G
チ ー ム 名
 いぶき野メッツ 2 2 0 4 0 8
 寺山スネークス 0 0 0 3 0 3
     ■(投)中山・小林 − (捕)鎌田
     三塁打:森   二塁打:蓮見 鎌田   単打:鎌田   
午前中に不完全燃焼だったので、急遽寺山スネークスさんにお願いして練習試合をさせていただきました。打線につながりはありましたが、ボール球に手を出したり、エラーを連続してしたりと雑な試合となってしまいました。4回も失点を与えすぎです。もう一度締め直し、次の試合に臨みましょう。
    7月 5日(土)
     ■雪印杯2回戦                                              山下みどり台小
チ ー ム 名
 いぶき野メッツ 1 1 0 0 0 1 3
 山下ジャイアンツ 0 1 0 1 0 0 2
     ■(投)中山 − (捕)鎌田
     単打:中山 小川(祥) 鎌田   
初回、2回と満塁の好機をつくるものの1点づつしか奪えず、嫌な流れの中で逆にピンチを何度も迎える展開でした。しかし、ピンチを迎えても今日のメッツはエースの好投と堅い守りで切り抜け、1点差で勝利することができました。 このような試合展開のときはバントは欠かせませんが、4回もミスがありました。バントをもう一度鍛えなおしましょう!

前へ←